電子マネーのメリット

電子マネーの普及が進んでいます。

電子マネーのメリットとは何でしょうか?

まず、小銭いらずにスピーディーに決済ができます。釣り銭がなるべく少なくなるように硬貨を調整するという手間もなくなります。

また、現金で払うと何のポイントももらえませんが、電子マネーで払うとポイントがもらえます。

例えば、代表的な電子マネーであるEdyが使える「ANA MILEAGE CLUB Edyカード」や「ANA MILEAGE CLUB Financial Passカード」で支払いをすると、200円に付き1マイルもらえます。

また、電子マネーのチャージをクレジットカードで行えば、そのチャージした金額分のポイントがたまるので、二重にお得です。

例えば、Edyカードに、ポイント還元率1%のクレジットカードでチャージした場合、チャージ分の1%と、利用したときのマイルでダブルにお得な訳です。

それには、Edyチャージが可能で、なおかつ、Edyチャージに対してもクレジットカードポイントが付与されるクレジットカードが必要です。

同様に、nanacoカードやnanacoモバイルにチャージ可能で、なおかつ、nanacoチャージ利用分についてもポイント付与対象になるカードも存在します。

リクルートカードプラスは、ポイント還元率がデフォルトで2%ですので、チャージ&利用で合計3%分もポイントが付くことになります。

Edy、nanacoという普及度が高く、利便性も高い2つの電子マネーに対応した、SoftBankカード、auじぶんcardセゾン、JMBローソンPontaカードVisaは当サイトが文句無しにおすすめできる3枚です。

プリペイド型電子マネーとポストペイ型電子マネー

電子マネーには、おおきくわけて2種類あります。プリペイド型電子マネーとポストペイ型電子マネーです。

プリペイド型電子マネーの代表的なものは、Suica(スイカ)とEdy(エディ)とWAON(ワオン)です。自分で現金をチャージしたり、クレジットカードを使ってオートチャージしたりして、入金します。

おすすめの使い方は、チャージ、支払い双方でポイントを獲得するポイント二重取りです。

ポストペイ型電子マネーの代表的なものは以下の電子マネーです。

  • eLIO (ソニーファイナンスインターナショナル)
  • iD (エヌ・ティ・ティ・ドコモ)
  • QUICPay (モバイル決済推進協議会)
  • Smartplus (三菱UFJニコス)
  • Visa Touch (VISA)
  • PayPass (MasterCard)

ポストペイ型電子マネーで利用した金額は、あとで、クレジットカードの支払いと合算されて、引き落とされます。

「クレジットカード払いと何が違うのか?」と疑問を持たれた方。鋭いです。

実際はクレジットカード払いと変わりません。

クレジットカード払いより決済に時間がかからないというのが利点です。また、例えば、セブンイレブンではクレジットカードは使えませんが、ポストペイ型電子マネーQUICPayは使えますので、QUICPayを利用してセブンイレブンでもポイントを獲得することができます。

このページの先頭へ